×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

バンタンデザイン研究所 学費

バンタンデザイン研究所の学費

このサイトでは"バンタンデザイン研究所"の学費についてまとめて紹介しています。

バンタンデザイン研究所の学費ってどれくらい??

バンタンデザイン研究所のおおまかな学費ですが、

 

入学費が15万円で、年間約130〜150万円くらいかかるのがどの学部でもいえます。

 

年間140〜160万円くらいなので安いと思うか高いと思うかは自分の価値観次第になりますが、知識はもちろんコネクションや仲間、業界の雰囲気をつかむにはいい学校だと思います。私の場合が自分への投資という感じで考えました。

 

東京キャンパスと大阪キャンパスで学部数など少し違うので最新の値段を知りたい場合は(常にカタログが新しくなるので)まずキャンパス資料を取り寄せると正確な金額がわかります。

 

代表的な学科としてファッションデザイン学科、ファッション総合学科、スタイリスト学科、ファッション&ヘアメイク総合学科などがありますが、詳しく分類するともっと細かく分けられます。それぞれ学費は大まかには同程度の金額ですが、少し違いもあります。

 

 

こちらの「なるには進学サイト」で「バンタン」とか、「バンタンデザイン」とかって検索すると詳しく載っています。
バンタンの公式サイトではなくて第三者の目線での詳しく載っているのでこちらオススメです。
無料で資料請求もできます。(資料請求のオススメはヤフーメールとGメールなどのフリーメールを専用にもっていればそちらですることをオススメします。別に)

 

バンタン卒の先輩の例

 

わたしはファッション科卒です。(写真はヘア&メイク科の友達に髪を切ってもらっている写真)

バンタンデザイン研究所,学費

 

ファッション科の就職先は、卒業時にけっこう色々ありました。ファーストリテイリング(ユニクロ)などが有名どころとしてはありました。他にも生地メーカーやアパレルメーカーなど多くから求人がバンタンに来るので結構みんなで盛り上がりました。
わたしは小さなアパレルメーカーでオリジナリティある職場でガンガン働きたいという希望をもっていましたの、規模で中になりますがアパレルメーカーに就職できました。
結果としては大企業の要素も兼ね揃えていながら自社独特の色をもつ今の会社で働けて良かったと今も思っています。やりがいがととてもあります。

 

バンタンデザイン研究所は、総合的なデザインk学校なので多くの知り合いもそこでできました。かなりジャンルの広い仲間ができるので実際に社会にでてからもそのネットワークは非常に大きいものがあります。芸能人のスタイリストの仕事をしている仲間なども多くいます。
就職に強いのは業界に通じているので名前を知ってもらっているのが強いと思います。バンタンの人気が最近またあがっているみたいでそれは嬉しいことです。

 

その他にもバンタンデザイン研究所の口コミはこちらのサイトなどでも掲載があるようなので参考にしてみると良いです。

 

バンタンデザイン研究所の一口メモや魅力はこんなところ

  • 東京校で渋谷学院は全日制です。
  • インテリア関係の仕事につきたい仲間が多数いる
  • 学費は追加で要求することはない
  • 無試験で入学できる自由なスタイル
  • ヘアメイクアーティストになりたい多くの方がメイクの仕事につけている
  • バンタンは求人の数は多く、へアメイク事務所やテレビ局などに就職するチャンスあり
  • アパレル系への就職を目指している方に整った環境
  • グラフィックデザイナーになりたい方も多数
  • バンタンデザイン研究所はデッサンの時間も多くあり、創造的な授業がある
  • 優秀なデザイナーを多く輩出
  • 雑誌などで活躍するスタイリストになりたい仲間たくさんと勉強できる
  • メイクだけではなく、ファッションなどのことの基礎も学べる
  • 色々な学科があるので幅広い人脈交流ができる
  • 専門職を目指すなら素直にデザイン系のコースがおすすめ

 

WSコース

バンタンにはWSコースというのもあって、働きながら学校に通いやすいようなコースがあります。
そちらに詳しいページはこちら